口腔内の細菌が繁殖

005.jpg
人と人とがコミュニケーションを行うために、会話をお互いに行うことって、とても大切だよね。

その会話をするためには、お互いが一定の距離の中に居る必要がある。

でも、このときに問題となることが多いのが口臭なんだ。

口臭は、自分自身でも分かることがあるけど、むしろ会話の相手のほうが、よく分かるんだよね。

私自身も、口臭があることで、会話そのものの妨げになることがあったんだ。そこで私が行っている、口臭を予防するための対策を紹介するね。

口臭の原因はいくつかあるけど、多いパターンとしては、口腔内の細菌が繁殖すること。あらゆる人の口腔内には、常在菌と呼ばれる、とてもたくさんの細菌が存在している。

特に、舌の上の苔の部分は、細菌が繁殖しやすい場所なんだよ。そこで私は、歯磨きを行うときに、同時に舌を磨くことで、口臭を予防しているんだ。

次に、年齢を重ねてきたことで、歯槽膿漏になることがときどきあるんだよ。

歯槽膿漏は、歯ぐきの部分に細菌が繁殖した状態で、これが臭いの原因になるわけだ。

典型的な例は、歯と歯ぐきの間に食べた物の残渣物があって、そこから細菌が増殖するんだよ。

これを予防するために、歯医者さんで指導されたのが、歯磨きの方法を見直すことだった。

具体的には、歯だけを磨くのではなくて、歯と歯ぐきの間を磨くように指導されたんだよ。

すると、残渣物の除去だけではなく、歯ぐきのマッサージにもなって、口臭が少なくなったんだ。


このブログ記事について

このページは、adminが2015年10月 6日 17:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「口臭の原因は実は「虫歯」でした!」です。

次のブログ記事は「口臭予防にお茶!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02